デジタルカメラとは

デジタルカメラとは

今はカメラというとデジタルカメラの時代です。
写真が趣味で、フィルムカメラを愛用している人にとっては賛否あると思いますが、記憶量が膨大で、枚数を気にすることなく気軽に写真を撮影できるデジタルカメラは、間違いなく気軽に使えるカメラとしてはナンバーワンです。

デジタルカメラは映像を電気信号に変換し、フラッシュメモリなどの記録媒体に記録します。
そのため、枚数を気にすることなく、沢山の写真を一度に記録しておくことが可能なんです。
また、デジタルカメラの特徴としては、取った写真をその場で確認が出来ることですね。

気に入らない写真はいつでも消去でき、必要な分だけ印刷、現像することが出来ます。
ここがフィルムカメラとの大きな違いで、現像するまでどんな写真になっているか分からないドキドキ感がたまらないという人もいますし、デジタルカメラのように利便性を求める人もいます。

これは人それぞれ好みの問題もありますから、どちらのほうが良いとは一概には言えないでしょう。
少し前までは、非常に高価な機器だったデジタルカメラも、コストの削減や普及が進んだことで低価格化が進み、手に入りやすくなっています。
3万円程度でもかなり高性能なデジタルカメラを購入することが可能になりました。

    Copyright(C) カメ子が語る・カメラで伝える写真を撮ろう All Rights Reserved.