一眼レフカメラの手入れ

一眼レフカメラの手入れ

一眼レフカメラは精密機器ですから、
日々のメンテナンスもしっかりと行っておきたいです。

そんな簡単に壊れるようなものでもないんですが、使い方が悪いと写真にも影響が出てくるかもしれません。
特に高価なレンズに問題が発生などしたら・・・・後悔しても遅いです。
そうならないためにも手入れの方法は覚えておいて間違いありません。

精密機器は衝撃に弱いイメージがありますが、一眼レフもその例に漏れず、衝撃には余り強くありません。
うっかり落としてしまったら困りますので、持ち運びにはカメラバッグを利用したいですね。
カメラを掃除するときは、薬品などを使わず、乾いた布で丁寧に拭いてあげましょう。
長期間使用しない場合は、バッテリーを抜いて液漏れを防ぐなどの対策をします。

また、意外と知られていないのですが、一眼レフカメラは使えば使うほどメンテナンスがしやすくなるんです。
レンズを使うと、中の空気が対流するので湿気が溜まり難くなります。
そうなることで、カビの発生や錆を防ぐことが出来ますし、レンズの稼動部のグリスが固まるのも防ぐこと出来ます。

大事に保管しておくのも良いですが、カメラは写真を撮ってこそのものですから、積極的に使って大事にしてあげましょう。

    注目情報

  • カバーなしの絵本や少し劣化してしまっていても高く買い取ってもらえると評判の絵本買取サービス専門の業者なら、数度のメールのやり取りだけで買取が完結できるので、自宅にいながら売れる手軽さを実現できてお勧めです。

Copyright(C) カメ子が語る・カメラで伝える写真を撮ろう All Rights Reserved.