ケータイカメラとデジタルカメラ

ケータイカメラとデジタルカメラ

デジタルカメラの登場で、写真を日常的に撮ることが当たり前になったのと同時に、さらにそれを促進するきっかけになったのが、カメラつき携帯電話です。

これは、当時としては革新的な出来事でしたね。

携帯電話にカメラが付属したことで、取った写真をすぐに確認できる、取り直しが出来るデジタルカメラの利便性プラス、メールを使ってその場で他人に送るという事が可能になったんですから。

いわゆる写メールというやつですね。
このカメラつき携帯電話が登場して以降、カメラが付いていない携帯電話はあっという間に駆逐されたのを覚えています。
登場した頃のカメラ付き携帯のカメラは、写真も取れるよ程度の性能しかありませんでしたから、画素数も低く、画質も悪かったんですが、気軽に写真が送れるというのは大きかったですね。

若い世代を中心に一気に普及する事になりました。

今では画質などもデジタルカメラと遜色ないくらいに性能が上がってきており、デジタルカメラの市場に影響を与えるほどになっています。
ただ、デジタルカメラも性能は常に向上し続けていますし、どちらを取るかというのは、人によって判断は変わってくると思います。
スマホ、携帯を選ぶときにカメラの性能を一番にこだわる人ってあんまりいない印象ですからね。

    Copyright(C) カメ子が語る・カメラで伝える写真を撮ろう All Rights Reserved.